ピックアップ記事
「声優はダメ」「芝居ができる人でなければならない」吹替版、製作者たちのプライド”
Empty red armchairs of a theater ready for a show

 

「お前は無価値だ」「女の子は映画監督にはなれないよ」“映画業界の現実”を見た女子大生がそれでも逃げなかった理由 から続く

セサミストリート』初の日本語吹き替え版を制作する担当することになった林美千代さん。女性の声優を数人キャスティングして提案するも、製作者からの返事は全てノー。

製作者とやり取りすることでわかった、彼らの強いこだわりとは? 新刊『「超」ブランディングで世界を変える 挑戦から学ぶエンタメ流仕事術』より一部抜粋してお届けする。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

セサミストリート』の社会的使命

ソニー・ミュージックエンタテインメントで担当した多くのコンテンツの中で、私に大きな影響を与えた作品の一つに、『セサミストリート』があります。

実はアラスカでの子ども時代、『セサミストリート』は妹たちには人気でしたが、すでに学校に行き始めていた私は興味を持てませんでした。

当時、私が好んで見ていたのは、ビル・マーレイやエディマーフィーを輩出したバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』やSFテレビドラマトワイライトゾーン』。そしてコメディ番組の数々……ちょっと背伸びして大人が見る番組を楽しんでいました。

ところが、大人になり、仕事として深く関わることで、『セサミストリート』には「リスペクトする」ところがいくつもあることに初めて気づかされました。

セサミストリート』は、ニューヨークダウンタウンにある架空の通りを舞台にした未就学児童対象の知育番組です。多様性を認め合う世界をベースにマペットたちが暮らしのなかで様々な出来事に遭遇します。アメリカでの放送は1969年からですが、様々な国籍の人が集まるアメリカならではの先駆的なコンテンツとして、世界各国でも放映されていました。

ところが、日本では、中学生のための英語教育番組としてNHKが最初に放送を始めたので、英語のまま字幕をつけて放映していました。なかには英語の授業で見せられた方もいるかと思います。それだけに、日本ではどうしても英語教材という印象が強く、純粋に未就学児童にTV番組として楽しまれる機会が少なかったのです。明らかボールを投げるターゲットが海外とは違っていました。

セサミストリート』を製作しているのはアメリカのセサミ・ワークショップという非営利団体で、作品の中にはしっかりとした思想が盛り込まれています。知育番組という枠組みではありますが、世の中の様々な価値観を反映するアンバサダーのような役割を担い、社会的な責任を果たすべく、「子どもたちをたくましく、健全に、そして心優しい、思いやりのある子に育てるためのコンテンツ」だと明言しています。

私は映像及び音楽パッケージの販売とマーケティングを主に担当していました。

アニメの声優はダメ」

ある時、セサミ・ワークショップオリジナル製作した児童向け生活指南ビデオを国内発売することとなり、「子どもたちに届けるのなら字幕ではなく吹き替えが望ましい」と提案しました。結果として私は、『セサミストリート』の初めての日本語吹き替え版を制作する担当になったのです。

なかでも吹き替えキャスティングにはかなり苦戦しました。例えば、エルモというキャラクターは幼い子どもの設定です。そこで、女性の声優を数人キャスティングして提案しました。製作者からの返事は全てノー。

まず、当初は「アニメの声優はダメ」と言われました。実は『セサミストリート』ではマペットを動かすマペッティアが、自分でマペットを操演しながら、時には自分の体を動かしながら声を出しています。俳優の経験がない若手の声優は発声方法が全く異なるというのです。

「マペッティアは体全体で声を出すので、舞台系の発声がきちんとできる方にしてください」と本国のプロデューサーから明確な指示がありました。キャラクターに命を吹き込むためには、「アフレコ」ではなく「芝居」ができる人でなければならないとも言われました。

作品の世界観を守るためのこの徹底したこだわりには、製作者のプライドを感じます。また、『セサミストリート』は世界各国で放映される人気番組でしたが、製作者は「この番組は放送される国の子どもたちのためのものなので、それぞれの国の『セサミストリート』を作ってほしい」ともアナウンスしていました。単なる吹き替えではなく、その国の文化や風土、コミュニティの特色を取り入れながらローカライズしてほしいというのです。

例えば、メキシコではストリートではなく広場が舞台。『プラザ・セサモ』(セサミ広場/現『セサモ』に改題)というタイトルで、メインキャラクターも黄色いカナリアビッグバードではなく、オウムのアベラードビッグバードの従兄という設定で、メキシコでよく見かけるカラフルオウムです。番組を見る子どもたちが主役であり、その日常が舞台でなければならないという強いこだわりがここにも垣間見えます。

セサミストリート』は、いまでいうダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包含性)に照らしても、いくつもの項目に合致する先鋭的な思想を取り入れていました。また、『セサミストリート』のキャラクターは、誰一人として同じ姿形をしているものはありません。ユニークで多様性に溢あふれたキャラクターたちが「セサミストリート」で共生しているのです。

数年前には「ジュリア」という自閉症女の子デビューしました。『セサミストリート』は、ダイバーシティやインクルージョン概念がまだ世に広まる前から、「子どもたちがそれぞれの社会で、お互いの違いを認め合い、それぞれを活かし合いながら楽しく前向きに生き延びていくために何を伝えるべきか」を深く考えて製作してきた番組なのです。

社会的使命を担ったコンテンツの象徴であり、私にとっては「普遍的価値を提供するコンテンツ」のお手本の一つとなっています。

(林 美千代/ノンフィクション出版)

吹替版『セサミストリート』を作る際、アメリカの製作者から「アニメの声優はダメ」と言われた理由とは? ©getty

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

俳優が声優より勝るとは限らない例を我々日本の吹き替えファンは嫌という程見ているのだ。

 

アニメ声優はアニメ以外の仕事には適性まったく無いだろ。ナレーションをさせても朗読をさせても演技過剰で嘘くさくなる。

 

アニメ声優で一括りもどうかと思うけど記事の拘りも解る。タイトルが明らかに狙ってる。ビュー数稼がないけないから仕方ないけど。

 

セサミストリートって英語用の教育番組だとばかり…吹き替え版とは?

 

なお、ここはアニメタグを政治より優先するニコニコニュース

 

考え方が30年前のままだな

 

「芝居ができる人でなければならない(*ウィドウの声優、米倉涼子から目を逸らしながら)」

 

まぁ実際演劇やらを経験してる声優とアニメオンリーの声優比べたら演技には大分差があるとは思う、でも結局は演劇やってようが声優だけやってようが下手な奴は下手なままという事

 

こう見ると、プロの声優、素人、俳優を使ったぽんぽこってすごいな。

 

そのぽんぽこ作ったやつは人間を*まで使い潰したけどな

 

プロメテウス…剛力彩芽…

 

俳優に声優の真似事をさせると下手に芝居がかるから駄目。

 

一昔前の、それも海外の声優事情には明るくない。しかし、昨今の日本の声優は演技なんて出来て当然❤容姿も整えてね❤歌も勿論上手いよね❤ダンスも出来るよね❤ライブは絶対やってもらうからね❤舞台もやれ❤とか言われてて、もう欠片も裏方って認識されてないよなこの職業

 

俳優メインでも舞台だろうが映画だろうが声優もハイレベルでこなす唐沢寿明さんみたいな人もいりゃアニメ含め吹き替えが棒読みみたいな人もいるし、アニメ声優メインでも舞台やらなにやらもいっぱいやってる人もいるから結局人次第としか言いようがない気が

 

制作陣は好きなように作品を創っていい。ただし評価は観衆が決めるし、そのこだわりが評価されなかったからといって観衆にケチをつけたりするのは止めてくれ

 

「マペッティアは体全体で声を出すので、舞台系の発声がきちんとできる方にしてください」←確か日本の声優って舞台経験者は沢山居たような…有名どころなら関智一さんは自身で舞台を旗揚げしたりされてるし…。日本側のディレクターがその辺の事をちゃんと理解していれば受けなかったお叱りでは?

 

体全体で声出したってセサミ観る子(親も)には知ったこっちゃない。そんな御託につきあってまで吹替版製作する価値ないわ。ところでセサミのテーマパークの従業員は、黒人の子供に着ぐるみ越しで触れられるくらいにはなったのかね? それは社会的使命には含まれない?

 

ぽんぽこは声優適性が特に高い職業である落語家使ったからな。そのうち二人が人間国宝っていう豪華さ。

 

日本語吹替版の放送は1998年頃だから、今と比べて声優の演技力は一部を除いて舞台俳優レベルには達していない。演技力は高かったかもしれないが、あくまで声優としてものであって俳優のそれとは別モノだった。

 

声優も普通にお芝居の稽古と*るって実際声優の卵から聞いた事あっけどな。まぁ、昔ならいざ知らず今みたいな見た目一番のアイドル声優共には無理だろうな。

 

俳優だろうと声優だろうと芸能人だろうと、吹き替えには芝居のスキルも必要だけど吹き替えするキャラと適合しているかどうかだからね(所謂ハマり役というやつ)。製作者側にはハマり役になりそうな人を起用する手腕が問われるんだけど、吹き替え作品の中には『話題の人()』なんてのを起用したばっかりに炎上してるのもあるんだよな……

 

昔声優は俳優のうちで声の仕事を主にやってる人達なんで演技できない声優とかおらんかったはずだが?

 

「初の日本語吹き替え版」ってことは30年前の話じゃないの?

 

へぇ操演してたなんて知らなかった。でもこの番組って需要あったの?子供の頃からキャラは可愛くないしなんか怖いし背景も殺風景だったから全然観てなかった

 

まあ、結局日本じゃ放送終了しちゃったんですけどね……

 

「白人はダメ」「黒人でなければならない」

 

日本人はジブリを通じて「声優と俳優は似て非なるもの。上下ではなく方向性が違う職業」と知っているから、こういう職業差別的な思考は馴染まないだろうな

 

そういうプライドは子供番組じゃなく、ドラマの制作陣が持てばいい

 

そもそも青二とかも俳優事務所であって、所属してる人もNHKとかだと普通に役者としてオファー来る俳優なんだけどね、声優として大成してる人がドラマに出ると記事になったりするけど、俳優起用で叩かれてるのって演戯の基礎も無いアイドルとか芸人とかがなぜか俳優として採用されるからじゃないの

 

当時の価値観ではってことでしょ。流石に今どきこんな価値基準で役者を選ぶ人は………いや、居たな…。

 

「高卒ではダメ」「仕事ができる人でなければならない」と同レベルの思い込み与太話感

 

ジブリを見てると、声の演技に関しては俳優は太刀打ちできないと感じるけども。まぁ声優俳優以外でも上手い人は上手いが。

 

ほんとマスゴミって反吐がでるな、こんな声優はダメなんて職業差別するような単語、政治家が事実でも言ったらどうなるよ?お前らマスゴミは政治家にやるなという行為を平然とやるよな?特権階級と勘違いしてないか?*ゴミ下劣組織が。

 

30年前なら舞台出身の声優の割合は今よりも確実に高い。となると、「俳優の経験がない若手の声優は発声方法が全く異なる」。単に顧客の求めてるものを理解してない不手際を転嫁してるだけだな。というよりは、それを認められなかったから頓珍漢なことになってるのか。

 

記事中「マペッティアは体全体で声を出すので、舞台系の発声がきちんとできる方にしてください」ハリウッドの役者は体を動かしながら喋っているのだが…舞台経験のない声優では吹き替え無理だったか?

 

パヤオ病に罹ってる感じですねえ。 アニメ吹き替えをメインにしつつも舞台に定期的に出演してる声優も結構いる筈だけど、その拘りの人にそういう人の評価を聞きたいところ。

 

「声優」なんて職業が確立してない時代は、みんな俳優さんが声を入れてたんだけどな。じゃあその時代のアニメや映画吹替が素晴らしかったかと言えば、「いやまぁ別に?」としか言えんのだが?

 

あーこれを昔友人に言って彼ら彼女らの多くは舞台もやってるよと諭されました。無知でしたね。

 

昔見たスヌーピーのアニメは声優が子役でくっそ棒読みだったけど、見ているうちに慣れてきたよ。たぶん子供もそんな感じじゃない?案外声とか気にしているのは大人だけだったりする

 

声優は駄目!・・・よしっアニメ監督を起用しよう(´・ω・`)

 

アニメというか漫画って絵を大げさに描く事で感情をわかりやすく表現してるもんだ。それに声を当てるんだから自然と演技も大げさになる。でないと絵と声が合ってないように感じるからな。別に声優の演技が大げさなんじゃなく、絵に合わせて大げさに声出してんだよ

 

声優がダメならビーストウォーズは日本であんなに流行らなかったやろw

 

逆にアメリカじゃ、声優と言う職業が確立されてなくてな。ルーク・スカイウォーカーのマーク・ハミルなどの年食った俳優が声優にシフトしてたりするし。それに実写ドラマのアニメ化でそのまま同じ俳優使ったりする。

 

お前ら記事ちゃんと読めよw 記事内のアニメ声優は”俳優の経験がない若手の声優”を指してるの。タイトルと本文では意味が違う。めっちゃおちょくられてんぞ

 

制作者の拘りならまだいいが言い訳になるともうね、全員落としたという事は言い訳だろな舞台経験のある声優もいるからね

 

自然が一番ならど素人を使うべきだね。当然途切れたり声が聞こえないとかで*ぎるという自然の状態になるけど。

 

俺はハマってれば声優でも歓迎するけど、吹き替えがハマらない一番の問題は演者が自分の「我」を演技以外で必要以上に出してしまう所にあると思う。特に声優は演技より声質で「我」を出すのが商売だから相性が悪い。早見沙織が吹き替えしても早見沙織にしかならないみたいなもん

 

声優もアニメ声に慣れてないと聞くのもキツイ奴が居るからなあ…。

 

舞台経験のある芸能人は発声がちゃんと出来てるから声優やってもちゃんと演技が出来たりするけどバラエティ番組やトレンディドラマに出てるだけの芸能人()は声優やらせても声で演技出来ないんだよなぁ・・・ただし子役は子役だからこそ出せるたどたどしさが可愛いのでヨシ

 

日本初の吹き替え版のエルモ役調べたら三ツ矢雄二さんじゃん。他のキャスティングも現在の有名声優さんばっかりだし。『まず、当初は「アニメの声優はダメ」と言われました。』ってあるけど、「当初は」ってことは後から撤回されたってこと?そこの経緯を書かずにこのタイトルはどうなん?

 

役者にやらせた方が演技ができないって思い知ったのかね?

 

アニメ声優ってだいたい舞台やってるよな。だから舞台やってる周期は出演が極端に減る

 

ハンコック、キングコング、サウスパーク、LIFE!と俳優・芸人のせいでめちゃくちゃになった映画は数え上げたらきりがないんだけどねぇ

 

テレビで鬼滅声優がナレーターで起用されて久しいけど、正直くどく感じる事はある

 

演技というより声の質な気がするけどな。アニメだと多少何言ってるか分からない喋りでも絵で何となく理解できるけどセサミストリートみたいな「実際に動かしてる人が喋っている」臨場感を出すにはしっかりした発声、発音が必要だからねぇ。

 

そうなのか。これが何年前の話かはしらないけれど、もしその時に幼少でも「おっ」と思う声が採用されていたら、気味が悪い雰囲気が強くて苦手意識のあるセサミストリートももうちょっと楽しめたかもしれない。もちろん、そうはならなかったかもしれない。それはきっと、ただ制作サイドの作りたかったものは私ではない誰かに刺さる仕上がりだったというだけなのだろう。

 

アフレコできる声優ならOKなんじゃないか? 芝居と聞いたら顔や体で表現している人が声だけで表す方が厳しいと思ったがな。その辺はいい加減でもアメリカでは良い様だな。

 

紋切り型・時流に媚びてる声優は駄目なのはわかる。でも俳優は顔の表情や動作を使って表現する。声だけで演じられるわけではない。製作者側は著名な俳優や人気声優、大手事務所所属、コネからのみではなくて、俳優と声優の境を取り払って「キャラクターに合う人」を探せばいいんじゃないかな?そうすれば今いる有象無象の声優は淘汰されるし、下手な俳優も消えてくれる。

 

だからって棒読みのドラマ俳優がいいかと言われてもな。冷めるよ。

 

アメリカの声優と日本の声優はまったく違うからなぁ.舞台俳優とテレビや映画の俳優の演技が違うのと同様にアニメの演技はそれらとも全然違う.それを日本の声優は意識して演技してるけどアメリカの声優はまだ兼業が多くてそこまでの専門職になってない.だから「声優はダメ」なんて言われたんだろ.

 

選別や排除をする「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包含性)」。自称「普遍的価値」。お互いの違いを認め合い???。

 

俳優だろうが声優だろうがちゃんとディレクションすればいいのに

 

案の定みんな怒ってて草

 

日本の声優と海外の声優を一緒くたにしてはいけない、根本的にレベルが違うゾ、ただ当時の声優のレベルがどんなものなのかはよく分からん

 

当時だって今だって、舞台もやってる声優ちゃんといるし。やってなくたって演技できる人いただろ。ダイバーシティだとか多様性とか偉そうに言ってるくせに、ちゃんと調べもしないで十把一絡げに「声優はダメ」とか先入観バリバリなのダ*タじゃねーか。

 

フラグルロックの吹き替えはアニメでおなじみの声優ばかりだったけど、別に何の違和感もなかった。制作方針に多様性を掲げながら、現地の文化・習慣に理解を示さないのは狭量では?

 

こうやって、芝居すらできないタレントを広告代理店のゴリ押しで起用するまでが業界の闇

 

向こうのスタッフが日本の声優について知らずに偉そうなこと言ってただけでしょ。

 

向こうの言いたい意図はわかるけど俳優としてカテゴリズされる人たちより、声優の練習の一環として舞台やってる人も多いし舞台俳優出身の声優するらいるから日本の声優と俳優って海外の声優と俳優のと言葉の意味が違うとよね、日本における俳優っておもにドラマとかに出る芸能人からのTV俳優を指してて舞台俳優を指す場合はきちんと舞台俳優って個別指定しないとダメなよな

 

昔は昔で舞台出身の人も多かった。今の日本の声優って声が良くて、顔もよくて、ライブもするから歌やダンスも出来て、さらに担当したゲームもプレイしないといけない。・・・下手なアイドルより過酷では?

 

じゃりン子チエみたいな声優と素人が上手く噛み合ったアニメもまた見たいなぁ

 

要望が多い面倒な客だな。こんなのを商売相手にすんなよ。

 

あれマペット動かしながら喋ってたんかい!すげーわ

 

舞台畑の声優が居るって事すら知らない程度の制作陣と、要望に合う声優は存在するって事すら説明できないプロデューサーが双方に無知を晒しただけじゃん。

 

「マペッティアは体全体で声を出すので、舞台系の発声がきちんとできる方にしてください」「単なる吹き替えではなく、その国の文化や風土、コミュニティの特色を取り入れながらローカライズしてほしい」これって要は吹替じゃなく自分で作れって事なんじゃねぇの?

 

声質で声優はダメと本当に考える制作陣の多くは、そこに声を集めて来る役職の力不足が問題を起こしているんじゃないかな。

 

全てノーということは一応視聴してみたんだろうし、それでダメと言うなら仕方ないよね。 最初から声優NGなジブリよりかは納得出来るわ。

 

世界観を守るのと放送する国を取り入れるを一緒にしたら、あの絵柄だとやっぱ日本じゃ合わないだろうな。

 

そうやって起用した俳優やド素人芸能人にぶち壊された映画吹替が多すぎる。

 

声が映像に乗ってないと声優だろうが俳優だろうがダメでは?俳優がやっても素人感丸出しだと違和感で観るに耐えかねる。

 

たとえ製作者側が「声優より俳優が望ましい」とか言ってきても「うるせーバーカ!!!」って言って声優キャスティングするくらいの根性というか気合というかそういうものをプロデューサー側に期待するものである。

 

まぁ、確かにアニメに出てる声優がナレーションやるとなんか変に感じる時あるよな。一方で俳優やお笑い芸人に読ませた方がしっくりくるのってなんなんだろうなあれ

 

これ元の演技が棒読み素人演技だから、声優が担当すると上手すぎて駄目って話か?w

 

声優俳優役者、全部違うと思うわ。そもそもレッスンの内容が違うじゃん。そら創出されるもんに違いはあるわな。とりあえず、コント経験長い芸人は声優俳優役者どれやらせても安心感あるってことだけ言っとくわw

 

声優がナレーションしてる時とか分かりやすいと思うけど、大半の人は馴染まないもんな、逆に俳優や芸人が声優やっても大抵は今一つ。ドラマ俳優、声優、舞台俳優、それぞれ求められる能力は違うよ

 

多分アメリカの声優は俳優の副業なんじゃね?それなら当然売れない素人俳優もたくさん声優業界に入ってくるから拒否したくもなるんだろう。知らんけど

 

20年以上前の話だろ?考えが古くても当然じゃね?

 

これ要するには「声優としてのレッスンしか受けてない人じゃなくて舞台俳優として活動してる声優を使ってくれ」ってことだよな?それなら言わんとしていることは理解できる。芸人やらアイドルやらをごり押しするパターンとは別の話だ。

 

これ、優劣じゃなくてセサミストリートの演出には、舞台での演出や発声があってるからそういう人を割り当ててって話では。

 

どっちを使ってもいいが、一度やらせてみて余りに下手だったら変更できるシステムを構築してくれ。

 

俳優だろうが声優だろうが適正とレベルの問題だろ。俳優が全員演技うまいとでも思ってるのか?声優さんだって決まった独特な声しかほぼできない人と使い分けできる器用な人といて千差万別なのに。

 

今でも舞台俳優経験ある声優だって普通に居る 日本の俳優のレベルの低さをアメリカの人間は分かってない

 

ごちゃ混ぜにして書いてるけど、全部「製作」じゃなくて「制作」な

 

十数年ぐらい前に日本以外では声優って概念があまり浸透してないって記事見たことあったけどな。それに日本でも数十年前は最初から声優にって人はいなくて俳優業の一形態みたいな感じだったはずだから、なんで相手が”声優”って指定して苦言をていせたのか謎。単に演技指導間違ってて舞台演技でして注意されただけじゃないの?

 

まぁ制作側のこだわりならそれでいいんだろうけどそれが客にウケるとは限らないよねって話

 

そもそも勘違いしてる人も多いが本来の声優はお芝居がメインの人も結構いるので・・・もともと舞台俳優がメインだったけどアニメ声優も兼業してる人なんて山ほどいる* ちなみに海外ではほとんど声優という職業があんまり広まっていない、一応今は割とある方なんだがそれでも海外アニメで声を当ててる人はコメディアンとかその手の関係者だったりする

 

ドラマ俳優とかいう無感情棒読み集団嫌い。舞台経験してから出直してこい

 

ちっちぇえな

 

ジブリ「じゃあ倍賞千恵子とキムタクで行こう」視聴者「声が良すぎて、中身が入ってこねえじゃねえか」

 

言うて事務所にもよるけど舞台を積極的に勧めるとこもあるし好みレベルの話舞台やってる声優さん思った以上にいるよ?

 

ピックアップ記事
おすすめの記事