ピックアップ記事
パチンコ業界最大のタブー「くぎ曲げ」問題。立て続けに逮捕者が出た裏事情

 

◆くぎ曲げはパチンコに必須だが違法

11月7日に宮城で、翌々日の9日には京都でと、行政によるホールの摘発が相次ぎました。容疑は風営法違反の未承認変更、くぎ曲げです。パチンコにおいて“くぎ”は入賞率の良し悪しを左右するものであり、これを「曲げる=調整する」ことは出玉の管理、つまりは営業面で必要不可欠なもの……というのが業界内での常識。多くのホールで日々行われている店長などの管理者にとっては当たり前の仕事でもあります。

そんな日常業務で摘発されたとしたらすべてのホールが対象になってしまい、「業界自体が成り立たなくなる可能性もあるのでは」と思う人もいるでしょう。でも実際には、そうはなりません。

くぎは稼働している間はつねに玉が当たり続けることで、徐々にではありますが自然と曲がっていきます。となると本来の形、現状では納品段階の状態ではなくなってしまい、これはこれで本来の形と違いますから違法状態とされる怖れがあるわけです。

そこでメンテナンスとして元の形に戻すための、くぎ調整が必要になってきます。行政側はこれについては特にあれこれ言いませんが、メンテナンス=利益調整のためのくぎ調整については厳しい姿勢で臨んでいるわけで……。今回のニュースは、改めてそのことを業界に示したと言えるのではないでしょうか。

◆くぎ曲げとソープランドは同じ次元の話か

パチンコ業界と同じく、風営法に関わる業種としてソープランドがあります。これも現実的にはあんなことやこんなことが行われていますが、あくまで自由恋愛という「たまたま客と嬢がその場で恋に落ちてしまった」という建前で黙認されていますよね。だからといって「行政側として完全に認めているわけではない」ということを示すためなのか、定期的に管理売春で摘発しています。

くぎ調整も同様で、メンテナンスという建前で黙認しつつも、あまりに目に余るようだとしっかり摘発して押さえつけておく。警察行政は風営法だけではなく、例えば道路交通法関連でも現場の判断で少々のスピード違反は見逃してくれたりと、悪質性やその場の状況などで柔軟に法規を運用しているなという印象です。

◆規則ではくぎをどう扱っているのか

そもそも規則において、くぎは「概ね垂直」という曖昧な表現しかありません。だから見た目で明らかに曲がっているものは一発アウトだとしても、微妙な角度ではどこまでが概ねなのか判断がつきかねるもの。新台導入時には行政による検査が行われますが、遊技台の製造番号をチェックして終わりということがほとんどです。

でも一部の担当官は角度を計る器具を持参して厳密にチェックすることもあり、そんな担当官がいる地域ではあっという間にホールの間で情報が共有され、通常は閉店後の納品直後に行うくぎ調整を開店前の検査後にするなんて話もあります。

パチンコメーカーが作る「くぎ確認シート」とは

そのような検査官にとって、もっと明確で利便性の高いツールになっているのが「くぎ確認シート」でしょう。これは旧規則機(CR機)時代の後半、2010年代半ばから型式試験時と営業時で遊技機の性能が異なるとして、メーカー側によるくぎ曲げが問題となったタイミングから導入されたもの。ざっくり言うと型式試験は大当り出玉の割合が少なくなるようなくぎに調整し、実際の営業時にはその逆の性能になるようにしたものですが、大々的な遊技機の撤去など業界的には大騒動となりました。

それまでは新台が納品、設置されたらメーカーや販売会社の担当者が営業くぎに打ちかえるのが慣例でしたが、そういった作業もこれをきっかけにぱったりとなくなり、同時に本来の性能を担保したくぎの状態を確認できるようなシートも付属されることに。担当官がこのシートを盤面の該当部分に当てたとして、ちょっとでもずれていたら即アウトになるだけに、ホール側も日々のメンテナンスでは慎重に扱っていることと思います。

ただ多くの店長は「シートの範囲内でも十分に出玉の管理はできる」と話していますから、くぎ確認シートの存在はメンテナンスと称した「くぎ曲げ≒くぎ調整」の、どこまでが適法でどこからが違法になるのかのガイドラインになったとも言えるでしょう。

◆なぜ行政は今回のくぎ曲げを問題視したのか?

今回摘発されたホールがどこまで曲げていたかは存じませんが、どうやらネットの書き込みなどを見る限りは特に一般入賞口付近を潰していた模様。一般入賞口はメーカーを巻き込んだくぎ曲げ問題でも重要視された部分で、玉持ちを左右する、つまり投資ペースを遅くして射幸性が低くなるベースに関わる部分ですから、行政側としても見過ごせなかったのでしょう。

業界の健全化を推進している団体も、立ち入り検査の際には重点的にチェックするところでもありますから、潰せば利益が上がりやすくなるとはいえ、やっぱり一般入賞口付近を調整するのは悪手であると言わざるを得ません。

◆ヘソをがばっと開けてくれたら……

一般入賞口を潰した分、ヘソをがばっと開けてくれていたらファン心理としては優良店だなと思います。でも残念ながらそんなホールは見たことはなく、くぎ確認シートというガイドラインを無視しているような遵法精神のないホールは、色々な面でやっぱりダメなんだろうなと受け止めておいたほうが良さそうです。

文/キム・ラモー

【キム・ラモーン】
ライターとして25年のキャリアを持つパチンコ大好きライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞、一般誌など幅広い分野で活躍する。

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

パチカスとパチカス小屋での潰し合い、いいぞもっとやりあって共倒れ全滅しろ

 

この店の釘曲げはかなりあからさま過ぎたので見せしめになったとか何とか

 

くぎ曲げって違法だったのか。何の作品か忘れたが、くぎ曲げ専門家VSパチプロみたいな話あったと記憶してててっきり合法だと思ってた。

 

パ*とか完全に電子制御された装置になってるのに何で釘だけチェック?確率操作してるプログラムと設定もチェックしろよ

 

いや、釘曲げというより、パチンカスの金銭感覚がパ*で脳みそ焼かれて、釘曲げ以上に思考能力が捻じ曲がってないか?ヤバそうな連中や店には、近づかない様にしているな。社会的に終わっているし、犯罪者予備軍連中だからね。

 

自分達で釘を閉めて自分達の首も絞めるとか愚かの極み

 

強制送還で

 

そもそも賭け事そのものが摘発されず、賭け事のイカサマだけが摘発される。何ともおかしな話よな

 

キムラモーンって何人?

 

釘曲げが違法もなにも、違法賭博の話なんだが

 

違法賭博業界もタイヘンっすね(鼻ホジ

 

パ*している連中は、自身が異常であるとか?依存性であると自覚ないんだろうな。多分、精神病棟で5年ぐらい入院しても治らないと思うし、金が尽きる頃に、魔が刺して犯罪をするだけ、首を吊って自害するしか道はないと思う。屑が屑の死に方をする。自業自得だと思うね。オレの考え方は、社会の癌細胞は社会から切らないと転移するからね。一番、有効性のある社会に良い考え方だ。

 

そろそろ三店方式も摘発の対象にすべき。

 

さっさとカジノスタートして自殺者量産しようぜ

 

パチ屋から警察への献金減ったから目こぼしも減ってきてるな

 

何で違法行為である賭博行為の中に、禁止行為が設定されてるんだよw

 

次のスマパチのために今あるパ*を牽制する目的かね もうパ*屋そのものがもたねえときなのに

 

まあメンテ名目で多少釘は叩くんだけどな

 

現金化は違法だから玉買取も摘発しろよ。

 

はやくカジノできないかな。パ*屋は消えてもいいと思うぞ。

 

釘曲げだの硬貨挟みだの以前にパチの経営自体がタブー

 

玉が止まるくらいの狭さのやつあったな

 

釘曲げが違法なら出した玉が100%どこかに入るように設定しろよw基本設定だと入りが悪いからそういう事が起きるんだよ

 

ピックアップ記事
おすすめの記事