ピックアップ記事
ふるさと納税でNFTを返礼品に 3分で完売!!!!!!

 

 北海道余市町が実施した、NFTを返礼品として受け取れるふるさと納税が盛況だ。10月21日午後6時から寄付受付を開始したところ、3分ほどで用意された222個の返礼品NFTすべてに寄付が集まった。

【その他の画像】

このNFTは、NFTによる地方創生を掲げるあるやうむ社(札幌市)と、ブロックチェーンゲーム「Crypto Ninja」のキャラクターNFTコレクションCryptoNinja Partners(CNP)」が余市町と連携して用意したもの。一点もののNFTを、1つ3万円で用意し、日本円で寄付を募った。NFTの絵柄には、CNPの人気キャラクターに、余市町の特産品であるワインや名所をモチーフとした背景を組み合わせた。

返礼品NFTの保有者特典として、余市町の人気ワイナリーが手掛けるワインが買える抽選権なども付与する。

Ethereumチェーンで発行し、NFT送付先のウォレットアドレスを入力することで受け取れる仕組み。発行から1年間は転売できない。

昨今、地域おこしの手段としてNFTに注目が集まっている。新潟県山古志村では2021年12月に錦鯉をテーマとした「Nishikigoi NFT」を、0.03ETH(約7000円)で1000点発行。人口800人の限界集落である山古志村にとって、貴重な財源となったという。このNFTデジタル住民票を兼ねており、“デジタル住民”として村の活動に投票し参加できる仕組みだ。

北海道余市町のWebページ

(出典 news.nicovideo.jp)

 

非代替性トークン (NFT (トークン)からのリダイレクト)
token、略称: NFT)とは、ブロックチェーン上に記録される一意で代替不可能なデータ単位である。NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけられる。代替可能性(英: fungibility)がないという点で、NFTはビットコインなどの暗号通貨とは異なる。…
56キロバイト (7,706 語) - 2022年10月15日 (土) 15:57

 

<このニュースへのネットの反応>

NFTとか詐欺の一種だぞ。仲間内の取引で売り抜けたもの勝ちで、9割方が損をするチューリップバブルのようなものだ。地方自治体はその救済を求められないうちに手を引いた方がいい。・・・合法賭博としてやってみようと言う人は、別に止めないけどね。

 

自治体がNFTとかいう情弱ビジネスやり始めちゃだめでしょ・・・↓NFTが情弱ビジネスであるわかりやすい説明たち。https://twitter.com/hedalu244/status/1584457963389222913https://note.com/nemchan_nel/n/n14485904820f

 

それにしても、NFTみたいなゴミが即日完売とか、本当に学力&技術軽視の弊害が出てきているな・・・アートを知らない人間が芸術的価値を理解できない状態で、技術の仕組みもわからずに金払うとかアホかよ。株や債券買うときに「株や債券ってどんなのも?」も知らずに買うか?

 

土地バブルという実体のあるものでも大火傷してるのに…

 

ピックアップ記事
おすすめの記事