ピックアップ記事
小室圭さん 難関奨学金獲得、論文優勝…2度の不合格も示し続けてきた存在感

 

代替テキスト
(C)JMPA

秋篠宮家の長女・眞子さんの夫である小室圭さんがついに悲願を達成した。10月21日、3度目の挑戦となった米国・ニューヨーク州の司法試験に合格したことが明らかになり、同州の司法試験委員会の合格者リストにも「KOMURO,KEI」と名前が掲載された。

さかのぼること’18年8月に単身渡米し、ニューヨーク州の弁護士資格の取得を目指してフォーダム大学に留学。昨年5月にロースクールを卒業した後は、現地の法律事務所で法務助手として勤務しながら試験勉強に励んできた。

しかし、1度目となる昨年7月の試験は不合格に。小室さんの代理人弁護士は同年11月、再受験について「仕事をしながらの勉強で大変だとは思いますが、前回合格しなかったのは学力の問題ではないので、体調を万全に整えて臨むことになると思います」と本誌にコメントしていた。しかし、今年2月の試験でも不合格となり、合格点まで「あと5点」という惜しい結果だったという。

今回の試験での合格率は66%で、なかでも2度目以上の再受験者の合格率は23%だったという。狭き門にもかかわらず、粘り強い努力によって合格を掴み取った小室さん。留学中はコロナ禍という予想外の事態に見舞われたものの、学業での成果を残してきた。

1年目には成績優秀者(学部150人中15位から37位のグループ)に入り、大学のホームページには小室さんの名前が掲載された。さらに1年目に引き続き、2年目も年間約650万円の学費が免除されたのだった。この奨学金を獲得できるのは、ごく限られた人だけだという。

また本誌は、小室さんが法律専門誌『NY Business Law Journal』’19年夏号に、注釈を含めて9ページにも及ぶ論文を投稿していたことをスクープしている。その論文は’20年に、ニューヨーク弁護士会が主催する論文コンペティションで2位を受賞。さらに、昨年は眞子さんの誕生日の前日に、同コンペで小室さんが優勝したことが明らかになり2年連続での快挙となった。

■勤務先の法律事務所も小室さんを高く評価

いっぽう、勤務先である法律事務所ローウェンスタイン・サンドラー(以下LS)」も小室さんを高く評価しているようだ。

LSは今年4月28日ウェブサイトに《Client Alert(顧客向けのお知らせ)》として、長文のレポートを掲載。当時、ニューヨーク弁護士リッキー徳永さんは、本誌の取材にこう解説をしてくれた。

「金融・投資関連のセクションからの発表で、おそらくLSには投資家や投資業務関係者のような顧客も多いのではないでしょうか。文章の内容は、アメリカSEC(証券取引委員会)が新たに発表した投資リスクなどに関するガイドラインについて、LSとして解説を加えたものです。

このレポートが注目されているのは、3人の執筆者のなかに、小室圭さんの名前も含まれているからです。彼はロークラーク(法務助手)という立場ですから、レポートの作成には、あくまでもアシスタント的な立場で参加したものと思われますが、LS内でそれなりに評価されているのは間違いないでしょう」

このような小室さんの処遇について、NY在住の日本人ジャーナリストは言う。

「小室さん以外の執筆者はLSのパートナー弁護士、つまり役員です。同事務所にロークラークは6人いるようです。しかし、ウェブサイトのインフォメーションなどにも彼らの名前は記載されていますが、少なくとも最近の署名原稿で執筆者として名を連ねているロークラークは、小室さん1人だけ。破格の好待遇といえるでしょう」

司法試験は苦戦したが、優秀な能力によって存在感を発揮してきた小室さん。晴れて弁護士資格を取得したことで、さらなる活躍が期待されている。

(出典 news.nicovideo.jp)

 

小室 (こむろ けい、1991年〈平成3年〉10月5日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州の弁護士であり、秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子(旧名:眞子内親王)の配偶者。佳子内親王、悠仁親王の義兄。法務助手(英語版)として、ニューヨークのローウェンスタイン・サンドラー法律事務所に所属する。フォー…
57キロバイト (8,237 語) - 2022年10月22日 (土) 11:08

 

<このニュースへのネットの反応>

ロイヤル生活保護費をちゃんと返済してくれるなら、あとはどうでもいいよ。

 

配信からこの雑誌が小室さん大好き(好悪込みで)なのは理解したけど ・・・他の話題ないの?

 

今思えば89%で二度の不合格が存在感のピークだった

 

税金で生活するの止めてくれるなら何でもいい

 

大した仕事は回されないだろうな

 

借金からの逃亡者・皇室を貶める天才・韓国の血筋・マーティン奨学金を受けて史上初の司法試験不合格の快挙・警備費用数億円を税金で垂れ流し。存在感示し過ぎでは?

 

なろう小説の主人公でもここまで設定されてないだろうw

 

存在感を悪い意味で発揮し続けていたなw

 

女性自身さんが持ち上げにかかったぞ…何かの前触れかな

 

ピックアップ記事
おすすめの記事