ピックアップ記事
【サクラ】コミケで行われた「人為的に行列を作る」実験が興味深い(*゚▽゚*)

 

 コミケである参加者が実施した「サクラを使ってカメコカメラマン)の列を人為的に作る」実験が興味深い結果となっています。コスプレイヤーの前に偽のカメコを並ばせて他のカメコの興味を引く、古来の手法は果たして通用するのか?

【その他の画像】

実験に挑んだのは、8月13・14日のコミックマーケット100に参加したうっちーさん。同行した黛冬優子アイドルマスター シャイニーカラーズ)のコスプレイヤーを被写体役に、彼女の前に自分と友人、居合わせたコスプレイヤーカメコの協力者の3人でサクラとして並びました。

すると、なんと1分も経たないうちに、うっちーさんが作った“偽のカメコ列”に“本物のカメコ”が続々。すぐにサクラ上の人数が集まり、列はそのまま伸び続けたといいます。

こうして、サクラを使った実験はもくろみ通りの結果に。うっちーさんはコスプレ自体のクオリティが高かった点も要因として考慮しつつも、「列ができる人、できない人がいることを考えると、コミケカメコ待機列の実態とは『列が列を呼んでいる』が大きいのではないでしょうか」とまとめています。

Twitterでは「“並んでるから並びたくなる心理”を突いた良い実験」と話題に。リプライには「誰も並んでいない人を撮り始めたら、いつの間にか自分の後ろに行列ができていた」「1人に撮影をOKしたら、まわりの人も並び始めた」といった、撮る側・撮られる側の実体験も多く上がり、実験結果の説得力を増しています。

画像提供:うっちーさん

簡単な仕込みで、まさかの大成功

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

うーん、対比実験としてクオリティが微妙な人で同様に試してみないと何とも言えないと思うな。

 

二重盲検試験をしてないから非科学的な説だ!こんなものオカルトだ!

 

「これは野比る」をやりたいなら、のび太ママのコスでやるべき

 

コスプレ自体のクオリティが高かった点も要因として考慮しつつも↑いやそれが全てでしょ。コスプレのクオリティが低い人で実験しないと実験にならん。心理学的に3人が注目してるものに注目が集まるのは既に知られている事だし。

 

誰もいないところに声をかけるハードルが高いってだけやろ。サクラがいなかったら列ができない人で検証せんと…。

 

正直実験とはいわん。

 

…参加者は限られた時間の中で会場回ってるんだからそんな迷惑な実験するなよ…

 

その実験人気サークルに囲まれた無名サークルでやってモーゼ状態を解消できるか実証しないと

 

同じことが、現実やネットで数多く起こってるってことだろうなあ。

 

コミケ民は最後尾ボードを無意識に探して「持ちます」と言うくらい列形成の訓練をされてるから・・・

 

世の中には行列を見るとなんの行列かもわからず並ばずにはいられない人がいるそうな

 

ピックアップ記事
おすすめの記事